杉並区お祭りレポート

杉並区お祭りレポート

 

こんにちは!方南町店の宮下です!

 

いきなりですが、新海誠監督の最新作「天気の子」はもうご覧になられましたでしょうか?

2016年に公開され一世を風靡した「君の名は。」同様に興行収入100億円を突破してなお大ヒット中みたいですが、先日私も観に行ってきました。

恋愛要素ちょっと強めの、「夏!!!」って感じの映画です。ストーリーは前作より複雑ではなくて、難しく考えずに観られる映画でした(笑)

でも、ネットでは深い考察をされている方もいて、「このシーンは実はこんな伏線が…」とか「こんな設定が読み取れる…」という解説を見て、もう1回観に行きたくなっているところです。

まだ観に行かれてない方、夏の終わりに是非観に行かれてみてはいかがでしょう?

 

 

 

 

今回は、前回紹介したお祭りの様子をご紹介します。

 

 

8/24,25日に行われた高円寺阿波踊りですが、方南町からは距離があったので、本社で勤務している私の同期に写真を撮ってきてもらいました。(ありがとう…!)

 

撮ってくれた同期曰く、「人が多かった!」「なかなか始まらなくて踊ってるところじゃない写真に…」とのことでした。

私もこの写真が何処で撮られたのかわかりません…笑

 

1枚目の写真では男性が鉢巻と法被を着ています。男性は足袋を履いてダイナミックに踊ります。

2枚目の写真では女性の踊り子が笠を頭に付けているのが印象的ですね。

この笠は「おけさ笠」(編み笠とも言います)と呼ばれているものです。本来は「鳥追い笠」と言い、遠い昔、田や畑に来る害鳥を追い払う人が被ったそうです。

それが江戸時代、三味線を弾く女芸人が「鳥追い笠」を被って演奏したそうで、阿波踊りの格好の原型はここから来ている、という歴史があるそうです。

昔はこの鳥追い笠、三角帽子のような形をしていましたが、よりシャープに美しく魅せようとした結果、笠が縦長になり、上の写真のような形になった、という歴史があるようですよ。

 

阿波踊りを踊っている写真は、採用担当者が更新している「みんなのdブログ」に掲載されていたので、そちらも是非お読みください!


 

 

 

続いては方南町のエイサー祭りの様子をご紹介します。

11:00~20:00まで祭りが行われていましたが、今回は業務の都合で夕方に見てきました!

 

 

↑こちらがメイン会場。通常は「三井のリパーク」という時間貸し駐車場なのですが、この日だけはお祭り会場に。パイプ椅子がたくさん設置されていたのですが、立ち見の人も大勢いらっしゃった盛況ぶりでした。

 

↑方南通り商店街沿いの空きスペースでは太鼓の演奏が行われていました。かっこいいですね!写真の太鼓のバチがブレているところで躍動感が伝われば、と思います。

 

 

↑銀行の前や道路には露店や子供向けのゲームが用意されていました。焼き鳥・から揚げ・焼きそばにじゃがバター…美味しそうな食べ物ばかり売られていました!業務時間中だったのでガマンです…

 

ちなみに、エイサーとは、沖縄県や鹿児島県に古くから伝わる、お盆の時期にご先祖様の魂を送迎する為に若者が踊る行事なんだそうです。

最近では太鼓を持ったりパフォーマンス寄りの踊りになったり、と少し変化を遂げているそうですよ。

 

 

阿波踊りもエイサーもそうですが、地方で生まれたお祭りが全国に広がっていくのは良いことですよね!

来年また、お祭りが盛り上がる様子を見られたらいいな、と思います。

 

杉並区で地域密着50年!方南町駅徒歩1分☆

≪方南通り≫沿いの方南町店♪

お部屋探しは大幸住宅株式会社 方南町店で!

お気軽にご来店ください☆

℡03-5913-7530