ざっくり間取り図の描き方~前編~

ざっくり間取り図の描き方~前編~

 

こんにちは、方南町店の宮下です!

 

皆様、台風が関東地方を直撃しましたが、ご無事でしたでしょうか?

丸一日交通機関がほぼストップ。各地で川が氾濫。もう私も20年以上生きていますが、これだけ被害や生活に支障の出る台風が関東に来た記憶はありません…

スマホからは避難指示のアラームが鳴り響き、異常な1日でした。私の家も河川から離れた場所ではないので、氾濫危険水位を超え続けた荒川の水位情報サイトをずっと見ており、深夜になっても寝られませんでした…

台風といえば「雨」と「風」の印象が強いですが、時間差でやってくる「河川の氾濫」が実は最も恐ろしいんじゃないかと感じました。改めて台風は怖いですね…

 

方南町店も11日の内にベランダや店の外にある物を全て店内に運び込み、普段は下ろさないシャッターを下ろして、12日は臨時休業とさせていただきました。

幸い特に大きな被害は受けず、13日朝から通常営業しております。また頑張っていきたいと思います。

 



 

本日は間取り図についてのお話。

 

営業のお仕事の1つに、「間取り図を書く」というものがあります。

↓お客様からがご覧になる店頭・店内広告には間取り図が載っています。これの原稿は営業が作ります。

 

 

 

今回はこの間取り図の作り方について、説明しようと思います!

 

 

★用意するもの:「鉛筆」「消しゴム」「方眼紙」「メジャー」

 

★書く前に最低限必要となる知識!

1帖=大体180cm×90cm

よく「洋室6帖」等々、広さを表す単位に「帖(畳)」を使いますね。

本来は畳1枚の大きさを「1帖」というのですが、実は畳の大きさは地域や物件によってばらばら。

「191cm×95.5cm」「182cm×91cm」「176cm×88cm」「170cm×85cm」の4種類が一般的に使われているんだそうです。

ただ、同じ6帖なのに大きさ全然違う!という事を避けるために、法律で不動産会社に「1帖=1.62㎡以上で表記すること」が義務付けられております。

180cm×90cmはちょうど1.62㎡なので、これが最低基準になります。間取り図作成でもこれを基準にします。

 

 

ちなみに方眼紙は1cm毎に太い線が引かれており、0.1cm毎に細い線が引かれています。

 

 

※以下でご紹介する間取り図の描き方は、1年目である私の描き方です。他の営業の方は違う手法をつかっているかもしれません!

 

1.物件の大体の形をつかむ

 

お部屋の中に入ると、玄関があり、キッチンがあり、トイレがあり、お風呂があり・・・という構造になっていたとしましょう。

これらは全て専有部分(≒入居者が使える部分)になるので、間取り図にも記載する部分です。

専有部分が大体どんな形になっているのか、ざっくり見当をつけます。

これは本当にざっくりで「基本は長方形だなぁ」「部屋の1辺は斜めになっているなぁ」という感じです。

2.大きい部屋から書く

 

いよいよ方眼紙に間取り図を書いていきます。

面積の大きな部屋から描いていくと描きやすいです!単身用向け物件の場合はほとんどの場合洋室が一番広いので、洋室から描きます。

メジャーで部屋の縦の長さ、横の長さを測ります。今回、メジャーでは縦360cm×横270cmの長さだったとしましょう。

方眼紙に描くときは「方眼紙上の1cm×1cmが、2マス分で1帖」となるように描きます。

つまり方眼紙上の1cm×1cmは実際の90cm×90cmになるということです。別の言い方をすると「縮尺90分の1で描く」!

 

今回縦360cm×横270cmは、方眼紙上では縦4マス×横3マスの大きさですので、方眼紙に4マス×3マスの長方形を描きます。

↑今回は長方形なので簡単ですが、部屋が長方形でない場合は縮尺・形がズレないように気を付けて描いていきます。

 

3.その他の部屋・スペースを描く

 

1番わかりやすい部屋が書けたら、描きやすそうな順に描いていきます。

ベランダや浴室・トイレの個室・クローゼットは長方形である事が多く描きやすいです。

反面、キッチンや玄関周辺は少し凸凹しているときも多いので基本的に後回し。。。

なお、各部屋・スペース間の壁の厚さは考慮しません。壁の厚さを考慮して黒で塗りつぶすと、間取り図が実際と配置とずれる原因になります。また、壁芯からの面積で広さを記載することが出来る為、壁の厚さは考慮しないのです。

↑ここまで終わるとこんな感じです。今回はわかりやすいように単純構造の例にしていますが、実際は各部屋がもっと複雑な配置をしていることもあります。


 

前編はここまで!

次回後編をお楽しみに!

 

杉並区で地域密着50年!方南町駅徒歩1分☆

≪方南通り≫沿いの方南町店♪

お部屋探しは大幸住宅株式会社 方南町店で!

お気軽にご来店ください☆

℡03-5913-7530

メールアドレス:honan@daiko-rec.co.jp